平成25年度(2013年) 事業計画

1.伝統と革新!総務・事業 委員会 : 榊原 和美 委員長 (担当:坂田 篤 専務理事)

半田YEGの組織の要として各委員会と連携をとり、慣例を尊重しつつ時代に合った機能的な組織運営を行うと共に、新美南吉生誕100周年事業への参画を通して伝統文化の継承及び地域経済の活性化に貢献し、魅力と活力溢れる半田市、半田YEGを目指す。

  • 総会の企画・設営 (4月、他)
  • 各事業の受付・出欠管理
  • 総務全般・・・役員会設営計画、議事録作成
  • 新美南吉生誕100周年事業への参画 (10月)
  • 平成26年度会員手帳の作成・発行・管理
  • 事業後の懇親会設営 (6月)
  • 会員拡大の推進

2.No.1を目指すための研修 委員会 : 榊原 顕太郎 委員長 (担当:戸田 孝士 副会長)

各会員がナンバーワンの行動力を発揮し、本青年部がリーディングYEGとなることを目指し、そのために必要な青年経済人としての知識、教養を獲得する研修会を実施する。

  • 研修会の企画・設営 (6月・1月)
  • 事業後の懇親会設営 (9月)
  • 会員拡大の推進

3.志の伝播!広報 委員会 : 内田 清之 委員長 (担当:戸田 孝士 副会長)

半田YEGの魅力溢れる事業活動をホームページや「縁」の企画・作成、マスメディアへの情報発信を行うことでPRし会員拡大に繋げると共に、自社企業の営業力強化に繋げる。

  • HPの企画・製作・管理 (通年)
  • 総会の企画・設営 (11月)
  • 研修会の企画・設営 (11月)
  • 『縁』の発行
  • 事業後の懇親会設営 (1月)
  • 会員拡大の推進

4.和をはぐくむ渉外 委員会 : 榊原 慎吾 委員長 (担当:間瀬 貴裕 筆頭副会長)

OB交流型研修会を通し、OB及びメンバーとの和をはぐくみ、東海ブロック、全国大会への参加を推進し、その地域の文化と伝統に触れるとともに、 他単会との和を広げれるよう活動を行う。

  • 総会の企画・設営 (5月)
  • OB交流型研修会の企画・設営 (5月)
  • YEGDAYへの参加推進・取りまとめ (10月) 
  • 東海ブロック大会への参加推進・取りまとめ (10月)
  • 全国大会への参加推進・取りまとめ (2月)
  • 事業後の懇親会設営 (8月)
  • 4YEGおよび郡連などへの参加のサポート
  • 会員拡大の推進

5.チャレンジ!地域に光をあてる 委員会 : 池田 誠 委員長 (担当:榊原 吉隆 副会長)

地域貢献・活性化を目指し、魅力あるふるさと半田を広くPRする。

  • 半田商工会議所120周年記念事業への参画 (8月)
  • イルミネーション事業の企画・設営 (12月)
  • 事業後の懇親会設営 (5月)
  • 会員拡大の推進

6.夢のメンバー!交流・事業 委員会 : 森下 達夫 委員長 (担当:荒木 慶太 副会長)

半田YEGメンバー同士の『絆』を深めることで、より一層の部内活性化へと導く。又、産業まつりに参画することで行政や他団体との連携をし、地域に貢献する。

  • 会員交流事業の企画・設営 (7月)
  • 産業祭りへの参画 (11月)
  • 卒業式&慰労会 (3月)
  • 事業後の懇親会設営 (12月)
  • 会員拡大の推進

7.おもてなしの心をもって交流・事業 委員会 : 池田 龍一 委員長 (担当:青木 達也 副会長)

半田YEG、半田市をPRする事により地域活性化を行い、各所団体、メンバー同士の連携をより深めることにより、各事業所の発展の一助とする。

  • 総会後懇親会の企画・設営 (4月)
  • 事業後の懇親会設営 (7月)
  • 家族会の企画・設営 (8月)
  • 青年部ウインターイベントの企画・設営 (12月)
  • 会員拡大の推進

8.絆を大切にする外務 委員会 : 森 圭吾 委員長 (担当:間瀬 貴裕 筆頭副会長)

県連会長会議半田会議の設営、県連運営に関わるサポートの役割を担うと共に本会員を他単会や他団体との協力的関係を構築し、互いの発展を目指す。

  • 県連運営に関わるサポート
  • 県連会長会議半田会議の設営運営 (5月)
  • 交流型研修会の企画・設営 (9月)
  • 会員拡大の推進

9.サンタプロジェクト : プロジェクトリーダー 加藤 敏幸 (会長直轄事業)

伝統ある事業と意識し、子どもたちに夢と希望を届け、笑顔溢れる家庭や明るい街づくりに貢献する。

  • 突然サンタクロースの企画・設営 (12月)

平成25年度(2013年)