平成5年度(1993年) 東浦 右智 会長

基本方針

設立30周年を次年度に控え、半田商工会議所青年部へと名称変更して2年目にあたる平成5年度。経 済状況はバブル崩壊後いまだ停滞し、ともすると更なる衰退も懸念される今日、最も大切な青年部会員事業所の活性化が急務となっています。ひとりひとりの努 力は言うまでもなく、それと共に的確な戦略を身につけるためにも、情報収集の機会をより多くし、個々の人生観確立の為にもより多くの研修の場を設営し、そ の対策にしたいと考えます。また、平成5年度は、半田商工会議所の創立100周年に当り、青年部としても親会への全面的な協力とともに、協賛事業を企画い たします。この事業は真に、青年部の活動の基本である「Person to Person」、人的ネットワークの養成の一助となすものと確信いたします。
また、会員相互間の親睦、会員拡大を図ると共に半田商工会議所や行政の主催する事業へも積極的に参加し、団体としてまた個人としての能力の発揮の場としていきます。
具体的な運営方法としては、6つの委員会を設け、その委員会ごとに事業企画し役員会にて審議するという方法にて、全員参画の運営に重点を置いていきます。

平成5年度(1993年)