平成30年度半田YEGブログ

Category: 会員紹介 (page 1 of 2)

第8回 会員事業所紹介『Areaweb』 伊藤之浩さん

半田商工会議所青年部広報委員会鳥居です今回取材させて頂いたのはH29年度入会
Areaweb(ネット集客活用サポート)代表 伊藤之浩を取材させて頂きました。

伊藤之浩さんには先日広報のオープン委員会 SNS講座での講師もして頂いたSNSのプロフェッショナルでもあります。

鳥居:今のお仕事はじめられて何年目ですか?

伊藤:今年で8年目です。

鳥居:始められたキッカケを教えてください?

伊藤:『 チラシ』『フリーペーパー』など紙の広告を作る会社に勤めていたのですが、当時作っていたのは かっこいい物やオシャレな広告などを作っていました。本当にお客様(広告主)が求めているのは 集客ができる広告などではないのかと思いお客様(広告主)目線での仕事がしたく独立させて頂きました。

鳥居:お仕事のやりがいを教えてください?

伊藤:お客様(広告主)と同じゴール(問い合せや来店)を目指し一緒に作り上げていく事です。

鳥居:社業での今後の目標を教えてください?

伊藤:今は訪問方で行っていて協力業者さんと色々な仕事をしているのですがゆくゆくは事業所を構え自社での仕事の幅を広げていきたいです。

鳥居:半田YEGに入会されたキッカケを教えてください?

伊藤:学生時代からバンド活動していて卒業後すぐに上京しプロを目指し活動をしていました。その後、名古屋の広告代理店に勤めていたのですが、独立して半田を中心に活動を始めました。今では、結婚して家族もできたのでしっかりと身を置かなきゃと思い地元の方々との繋がりを持ちたく半田YEGに入会させて頂きました。

鳥居:僕も今年度入会させて頂いたのですが本当に沢山の方々との新たな出会いにすごく刺激を頂いています!

鳥居:半田YEGでの目標を教えてください?

伊藤:今年卒業なので様々な事業に積極的参加させて頂き全力で取り組んでいきます!

鳥居:僕も参加できる事業には積極的に参加させてもらおうと思いますのでよろしくおねがいします。

鳥居:休日の過ごし方を教えてください?

伊藤:野球観戦をしたりします、ドームに行く事もあります、後子供と遊ぶ事です、子供の日々の成長を見るのが大好きです。鳥居:僕も子供がまだ小さいのですごく分かります!
最後に僕が取材させて頂いた皆様にお聞きしているのですが座右の銘を教えてください?

伊藤:『必要なものは必要な時に現れる』 です。
僕はいい事悪い事とかは無いと思ってます、その時良くないと感じても時間がたてばあの時ああしていたから今幸せなんだなと思えるんです。トータルで見たらその時に必要な事が必要な時に起こると思っているので僕は起こった事をすべて受け入れるつもりで生活しています。

鳥居:ありがとうございます、すごくいい言葉ですね僕もいままで起こった事これから起こる事を全力で受け止めて自分の力に変えて行こうと思います、本当に今日はありがとうございました。

 

事業所名 Areaweb(エリアウェブ)
取材協力 伊藤之浩
営業時間 月~金 9:00~17:00
定休日 土・日・祝祭日
所在地 〒475-0066 愛知県半田市乙川源内林町1-10-7
電話 090-8598-3673
ホームページ http://areaweb.info
PRコメント わかりやすい動画講座もみてくださいね。店舗ビジネスオーナーのための「Googleマップの集客活用オンライン講座」です。

https://www.udemy.com/google-map/

書籍紹介
  • ゼロからはじめるお店にお客様が集まっちゃうGoogleマップの使い方


店舗ビジネスオーナーのためのGoogleマップで集客する方法です。

書籍紹介
  • インターネット活用集客入門

ビジネスに活用するためのインターネット集客の基本をわかりやすく説明しています。

第7回 会員事業所紹介『株式会社 陽山』 久野佑奈さん

半田商工会議所青年部 広報委員会 鳥居です
今回は中華料理『陽山』店長久野佑奈さんを取材させて頂きました。

鳥居:お店を始められたキッカケを教えてください。
久野:お店の移転とともに前店長が独立し私が店長になりました。

鳥居:お店を移転されたんですね、移転されてどのくらい経つのですか?
久野:9月末でちょうど1年経ちます。
鳥居:店内もすごく明るい雰囲気ですね。

久野:はい!女性のお客様が入店しやすいお店をコンセプトにお店造りをしています、
なので当店のスタッフは基本女性のみです!
鳥居:店内も凄く明るい雰囲気ですし、女性スタッフが中心だと女性のお客様のみでも入店しやすそうですね。

鳥居:おすすめメニューを教えてください?
久野:北京飯・ラーメンなど色々あるんですが 担々麺極がお勧めです!

鳥居:凄くおいしそうですね!今度是非食べに来させていただきます。
鳥居:忙しい時期・時間・お勧めの時間を教えてください。
久野:時期は11月12月年末シーズンと3月4月歓送迎会シーズンです。
時間はやはり12時~13時までが一番忙しいですね。
お勧めの時間は11時~12時前または13時30分~が割とスムーズに入店して頂けると思います。

鳥居:お仕事のやりがい楽しみを教えてください。
久野:やはりお客様の『いただきます』、『ご馳走様です』と言う言葉を聞くとすごく嬉しいです。

鳥居:お店の営業時間と定休日を教えてください。
久野:営業時間は11時~15時までです。
定休日は日曜祝祭日です。
夜はご予約頂きご人数様に応じて営業します。
貸し切りの営業なども15名様~25名様程度で営業いたします。

鳥居:最後に座右の銘を教えてください。
久野:私の好きな元AKB48の高橋みなみさんの言葉で『努力は必ず報われる!』です
鳥居:本日はお忙しい中ありがとうございました。
皆様とても明るいお店ととても明るい久野さんのいらっしゃる
中華料理 陽山!レッツゴー!

事業所名 中華料理 陽山
取材協力 久野祐奈
営業時間 月~土、祝前日: 11:00~15:00
定休日 日曜・祝祭日
所在地 〒475-0903愛知県半田市出口町1-45-16 丸喜住吉ビル1F
電話 0569-25-0043
PRコメント 他では食べられない『極み担々麺』を食べに来てください!

取材協力
株式会社 陽山

取材撮影・記事
広報委員会

第6回 会員事業所紹介『皆川鈑金自動車』 皆川容輝さん

SNSを活用し、集客を成功させている青年部メンバーがいるという噂をききつけ、訪れた先は住吉町の住宅街に佇む皆川鈑金自動車さん。そこには”町の小さな自動車修理屋さん”という筆者の失礼な思い込みを覆す、仕事に、遊びに、青年部に全力で奔走する代表の皆川容輝さんの姿があった。


筆者:社名にあるように、車の鈑金塗装を中心にご商売されているのでしょうか。

皆川:鈑金塗装は創業から45年、地域密着を掲げる当社のメイン事業の1つですが、最近はコーティングや車両販売にも力を入れています。


筆者:そこにうまくSNSを組み合わせていらっしゃるんですか。

皆川:はい。結構反響ありますよ。例えば、facebookにコーティングを施している写真をアップするとそれが拡散されて、当社の仕事ぶりに興味を持ってくださった方々からの問い合わせが増える、といった具合です。
別に万人受けしなくてもいいんです。車をコーティングしたいと興味をもって見ている方に響く
写真を載せ、問い合わせをしてもらえれば、価格設定にも自信がありますので受注に結びつけられます。
ちなみに、同社が保有するコーティング塗装ブースは県内でも有数の大きさで、皆川さん自ら中国まで買い付けにいかれたものだそう。施術は下処理の車体を磨く作業だけで3回。それを2日かけて行い、ホイールを含めたボディ全体を隅々までコーティング。保険保証も付属するとのこと。

筆者:販売は新車、中古車どちらも扱っておられるのでしょうか。

皆川:はい。中古車は車種や予算を教えてもらえれば、同業者間やオークションを駆使し探しますし、新車も各社ディーラーとも取引があるのでどの車種でも扱えます。二輪もOKです。

筆者:これまで知らない人間にとって車を修理する際に初めて訪れるお店という気がしていて、購入を相談しにくるという発想はあまりありませんでした。

皆川:社名からしても確かにそうかもしれないですね。新車の購入でもディーラーと長年の取引で信頼関係があるので、直接ディーラーと取引されるよりも当社経由でオーダーすると価格競争力を出すことも可能だったりします。ぜひ問い合わせください。

筆者:ビジネスも大活躍ですが、プライベートも多趣味ともお聞きしました。

皆川:そうですね。もともとF3レーサーだった父親の影響でカーレースも大好きですし、休みの日にはジェットスキーをしたり、最近は大井漁港の漁師と意気投合して釣りにかなりハマってます。当然祭りも大好きです。


筆者:最後に、青年部に入られてまだ日が浅いかと思いますが、ぜひ青年部での目標を教えて下さい。

皆川:まだまだ分からないことばかりで小さな目標ですが、委員会にも極力出席して入会のきっかけを作ってくれた渉外委員会の坪井委員長を全力でサポートしていきたいと思っています。

 

オンオフともに精力的に活動される皆川さんのパワーに圧倒された。修理だけでなく、車に関することは何でも相談に乗っていただけるということなので心強い。
話しやすいお人柄も手伝って、今後もいろいろお世話になることが増えそうだ。みなさんも”お気軽に”お問い合わせしてはいかが。

 

事業所名 皆川鈑金自動車
代表者 皆川容輝
営業時間 9:00~18:00
定休日 日・祝
所在地 〒475-0862愛知県半田市住吉町4-117-1
電話 0569-22-0133
PRコメント こんな感じで 仕事も遊びもやってますw
青年部は まだわからない事だらけなんで 皆様また 色々教えて下さい。
車の事なら 何でもご相談下さい。

 

画像提供
皆川鈑金自動車

取材・撮影
広報委員会

第5回 会員事業所紹介『ティアラ』 新美広明さん

皆さんお疲れ様です
今年の夏は厳しい暑さが続きますが、熱中症など体調管理に気をつけてください。
半田商工会議所青年部 広報委員会の鳥居です。

今回はH29年度入会、コンパニオン派遣会社Tiara(ティアラ)代表 新美広明さんを取材させていただきました。

鳥居:Tiaraさんを立ち上げられて何年目ですか?

新美:9年目です。

鳥居:1年を通して忙しい時期は何月ぐらいですか?

新美:やはり年末の11月と12月です。

鳥居:僕も居酒屋をやらせてもらっているのでやはり同じ時期ですね。

鳥居:スタッフは何名ぐらいいらっしゃいますか?

新美:200名以上のスタッフが登録しています。

鳥居:200名以上はすごいですね!!


鳥居:何日前までに予約をとれば大丈夫ですか?

新美:当日のお電話でも大丈夫ですよ!

鳥居:当日でも!200名以上の登録スタッフの方がいらっしゃるから大丈夫なんですね!

鳥居:どのエリアまで大丈夫なんですか?

新美:知多半島を中心に西三河・名古屋市内の旅館・居酒屋さんなどです。

鳥居:料金設定を教えてください?

新美:2H1人12,000円(税別)
延長30分1人3,000円(税別)
2人から大丈夫です。

鳥居:半田商工会議所青年部に入ったきっかけを教えてください?


新美:沢山の人と沢山の経験などをさせてもらい自分自身の成長のため入会しました。

鳥居:趣味などはありますか?

新美:お酒を飲む事が好きです。後は水泳ですね今年アイアンマンのスイムでタイムオーバーしてしまったので(6秒)来年こそはいい結果をのこしたいです。

鳥居:休みの日はどうされていますか?

新美:時間がある時はお昼からお酒をのみます!後は家族で出かけたりします。

鳥居:ありがとうございました、最後に座右の銘を教えてください。

新美:『思うは招く!』です。
『常にこうなりたい!』って思いが自然と自身の行動に現れて不思議と自分の周りも状況もその様に変化していくなって感じるからです!

いっぱいいっぱいになった時は『やればできる』って自身に言い聞かせてます!(笑)

事業所名 Tiara(ティアラ)
取材協力 代表 新美広明
電話 0569-47-5940
PRコメント 【一期一会】
お客様の心に残るそんな宴会席のお手伝いをさせて頂きたいです!
お客様の笑顔が絶えず楽しんで喜んで頂ける宴会席の思い出作りに努めていきます!

取材・記事作成

広報委員会

第4回 会員事業所紹介『フルーツショップカミヤ』 神谷千恵子さん

“おいしさは楽しさ”
平成元年(1989年)、それまでの⻘果店からフルーツ専門店として⼤きく⽣まれ変わった同社が転業当初から掲げるキャッチフレーズだ。
今では多くのファンを獲得し、遠⽅からも客⾜は絶えない。
今年度、⻘年部に⼊会された神⾕千恵⼦さんにその秘訣をお聞きすべく、取材させていただいた。

筆者:もともと知多半⽥駅前でご商売されていた記憶があります…
神⾕:そうなんです。今の桐ヶ丘に移転したのが今からちょうど20年前。それまでは昭和27年(1952年)に祖⽗⺟が「カネヘイ」の屋号で⼋百屋を始めてからずっと知多半⽥駅前通りでお世話になってきました。

筆者:もともと⼋百屋さんだったのが、フルーツ専門店になったきっかけは何でしょうか。
神⾕:そのころ⼤⼿ショッピングセンターの進出が相次いで、値下げや乱売合戦に巻き込まれるようになってきたんですね。
「これではいけない」という⽗の危機感からより付加価値の⾼い商品やサービスへということでフルーツに専門に思い切って特化しました。

同社は業務⽤の卸も扱っている関係で、とにかく商品の回転が速い。3⽇ほどでほぼすべての商品が⼊れ替わるそうだ。
さらに名古屋の北部市場からも仕⼊れているため取り扱う種類も多い。常時店頭には30種類ほどのフルーツが並ぶ。さながらフルーツの宝⽯箱だ。

筆者:なるほど。今では地元のみならず、遠⽅からもファンが来られているようですね。
神⾕:おかげさまでみなさんにご愛顧いただき、フルーツはカミヤフルーツさんでなきゃ!とお声がけいただくこともあります。最近は名古屋など遠くからフルーツやスムージージュースを求めてお越しいただくことも増えてきました。そのフレッシュフルーツをすぐに体感できるのが、店内に併設されているスムージージュースバーの ”HAPPY Juice MAKER”だ。

神⾕:「真空ミキサーを使って、熱がかからないコールドプレス製法でフルーツをゆっくり圧搾するので、酵素やビタミンが失われないんです。それに空気と混ざってモゴモゴしないので、飲みやすくとても美味しいですよ」と、熱い語り⼝にこだわりが伝わってくる。筆者も⼀番⼈気のコールドスムージージュースのVITAMIN UPをいただいたが、なるほど⼝いっぱいにフルーツの豊潤な風味が広がり美味しい!

これを求めて遠⽅からも客が訪れるのもうなずける。

筆者:でもこんなに美味しいのに⽇本⼈はあまりフルーツを⾷べない印象があります。
神⾕:そうなんです。⽇本⼈で普段からフルーツを⾷べることが習慣になっている⼈ってあまり多くないんです。もらったら⾷べるけど買ってまで⾷べない、ジュースなら飲むけど、⾃分で絞ってまで飲むのは⾯倒だし…、という⽅もおられると思います。ぜひ皆さんに味わっていただきたいですね。」

 

事業所名 フルーツショップカミヤ
神谷 千恵子
営業時間 9:00~18:00
定休日 年中無休(元日のみ休業)
HAPPY Juice MAKER:水曜日
所在地 〒475-0928愛知県半田市桐ヶ丘4-202-7
電話 0569-23-1318
PRコメント 日本ならではの四季を厳選した旬の美味しいフルーツを通じて感じて頂きたいです♬
皆様のご来店を心よりお待ちしております(╹◡╹)♡

撮影・記事作成

広報委員会

Olderposts

Copyright © 2019 平成30年度半田YEGブログ

Theme by Anders NorenUp ↑